錦織、大坂東京五輪出場へ「究極ルール」

 日本テニス界の男女エースが“最強の切り札”の恩恵を受けそうだ。日本テニス協会は19日、2020年東京五輪の出場資格に関するメディア向けの勉強会を開催。その中で男子シングルス世界ランキング7位の錦織圭(29=日清食品)、女子同2位の大坂なおみ(21=同)の出場の可能性が議論に挙がった。

 現在、両エースは正式には五輪出場資格を満たしていない。国際テニス連盟(ITF)の規定では、過去4年間で国別対抗戦デビス杯(男子)、フェド杯(女子)に少なくとも3回は出場しなければならず、錦織は残り2回、大坂は1回出場する必要がある。両者は海外を主戦場に転戦しており、過密日程で条件クリアが不安視されたが、実はその懸念を吹き飛ばす“究極のルール”が1月に追加されていた。そのルールとは「オリンピックテニス競技/デビスカップまたはフェドカップへの貢献」というもの。つまり規定の試合数に達しなくても、錦織はリオ五輪で銅メダル、大坂も過去にフェド杯で実績を残しているため「貢献」という言葉の解釈次第で出場可能となる。関係者によると「ITFと一部トップ選手が交渉し、より良いプレーヤーを五輪に出場させる目的で追加された」という。土壇場の特例措置に日本の両エースも救われることになりそうだ。 

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月20日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。