タイ代表監督就任・西野氏“日本視察”の真の狙い J会場で森保監督らに“揺さぶり”

タイ代表監督就任・西野氏“日本視察”の真の狙い J会場で森保監督らに“揺さぶり”
西野氏はタイ協会のソムヨット会長(左)と笑顔で記念撮影に応じた

 やっかいな男を敵に回したようだ。サッカー前日本代表監督の西野朗氏(64)が19日、都内でタイ代表及びU―23代表の兼任監督就任会見を行った。昨夏のロシアW杯で日本代表を率いて16強へ導いた名将は、アジアで急成長を遂げる「戦象」(タイ代表の愛称)に新天地を求めた。今後は同じアジアの日本としのぎを削ることになるが、指揮官はチーム強化に意欲満々。そのカギを握る“日本視察”の狙いとは――。

 タイサッカー協会のソムヨット会長とともに会見に臨んだ西野氏の言葉は、自信に満ちあふれていた。「タイのサッカーは非常にポテンシャルがある。他国で代表を率いるのは簡単ではないが、覚悟を持ってタイのサッカーに入っていきたい」と意気込みを語ると「東南アジアのリーダーとなるようなチーム力に上げられるよう努力したい」とアジアの強豪に引き上げることを誓った。

 タイは2022年カタールW杯アジア2次予選でUAE、ベトナム、マレーシア、インドネシアと同じG組に入った。東南アジアのライバルが多く同居する組み合わせに「これはただの予選ではない。まず開幕戦がベトナム。先を見据えてより、一戦一戦やっていきたい」と気を引き締める。

 予選は9月から始まるため準備期間は少ない。「今まで通訳を介したことがないし、どれだけ意思疎通を図れるか」と不安をのぞかせつつも「まずはしっかり見て、話して。時間がないのは慣れているということではないけど…。そう何度も成功するものではないが、チャレンジしていきたい」。バヒド・ハリルホジッチ監督の電撃解任を受けて緊急登板し、チーム再建に成功したロシアW杯の経験を蒸し返して報道陣の笑いを誘う“西野節”は健在。独特のコミュニケーション術でタイを強化する覚悟だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。