【参院選】元モー娘・市井紗耶香氏落選 元SPEED今井絵理子議員との“差”

【参院選】元モー娘・市井紗耶香氏落選 元SPEED今井絵理子議員との“差”
集票マシーンとなれなかった市井氏

 未明の議席争いに敗れた――。21日投開票の参院選に立憲民主党から比例代表で出馬した元「モーニング娘。」の市井紗耶香氏(35)が22日、落選となった。元アイドルとして高い知名度を誇ったが個人票には結びつかず。出馬が明らかになって以降、市井氏への否定的な意見がネットを中心に多かったとはいえ、同じ元アイドルの今井絵理子参院議員は3年前に危なげなく当選していた。敗因はどこにあるのか。

 比例で改選数を上回る8議席を獲得した立民では、日付が変わっても下位当選者が確定せず、市井氏と元格闘家の須藤元気氏、石川大我氏が残り2議席を争う形に。日の出が近づくころ、市井氏の落選が決まった。

 市井氏は約5万票で8位の須藤氏に約2万3000票余り及ばず。同じアイドル出身では、「SPEED」元メンバーの今井氏(自民)が2016年に当選した時に得た約32万票の6分の1にとどまった。

「市井氏の当選は疑っていないよ」。選挙中、立民関係者は自信を持って本紙にこう答えていた。しかし、ふたを開けてみれば票は伸び悩み、「LOVEマシーン」ならぬ集票マシーンとはいかなかった。

 選挙戦で市井氏は4人の子供を持つ母親であることをアピールし、「政治の舞台に子育て当事者が少ない」と出馬の理由を話していた。「今の日本は本当に子育て世代に温かい国になっているのか疑問に思う」と子育て支援の拡充を政策に掲げていた。

 どこに誤算があったのか。永田町関係者は「知名度があれば当選するという安易な発想がいけない。こういうことをやると、このご時世は政治不信が募るだけですよ」ともはやタレント候補の時代ではないと指摘する。立民は市井氏のほかに須藤氏、アカペラグループ「RAG FAIR」の元メンバー奥村政佳氏、芸人のおしどりマコ氏など、ほかの政党に比べ突出してタレント候補を擁立していた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 市井紗耶香 Instagram
市井紗耶香のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「市井紗耶香 + Instagram」のおすすめ記事

「市井紗耶香 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中澤裕子」のニュース

次に読みたい関連記事「中澤裕子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「青田典子」のニュース

次に読みたい関連記事「青田典子」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。