【競泳世界選手権】瀬戸 自らに課した超過酷な「金プロジェクト」

【競泳世界選手権】瀬戸 自らに課した超過酷な「金プロジェクト」
金メダル獲得に絶叫する瀬戸。五輪代表の座も手にした(ロイター)

【韓国・光州25日発】水泳の世界選手権第14日、競泳男子200メートル個人メドレーで、瀬戸大也(25=ANA)が1分56秒14で金メダルを獲得し、競泳勢で最初の東京五輪代表に決まった。瀬戸にとって世界選手権の金メダルは3個目で、北島康介とともに日本最多で並んだ。残る400メートル個人メドレーも制し、2冠達成となれば、2003年大会の北島以来となる。そんな競泳界の新エースは舞台裏で“金メダルプロジェクト”に取り組んでいた。

 これまで表彰台がなかった種目で自己ベストを0秒55も更新し、初制覇。スタンドで見守った仲間たちに向かって何度も右腕を突き上げて歓喜した。競泳勢で初となる五輪代表に決まって取材エリアに現れた瀬戸は、開口一番「イエーイ、最高です」と叫んだ。

 今大会は男子200メートルバタフライの銀に続いて、2つ目のメダル。しかも五輪と世界選手権を通じ、日本勢が同種目を制したのは初めてだ。

 この快挙について「積極的に行こうと決めていた。後半バテることを怖がらずに泳ぐことができた。思った通りのレース展開だった」と振り返った。

 すでに東京五輪での金メダル獲得に照準を合わせているが、そのきっかけになる出来事があった。3種目で2位だった昨年4月の日本選手権直後。2位にもかかわらずテレビ番組に呼ばれ「どこか満足している自分がいた」。自分も写った大会のポスターを街で見て、ふと我に返り、問いかけた。

「2番で悔しくないのか」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 水泳 女子
  2. 水泳 萩野公介
東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月26日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「水泳 + 女子」のおすすめ記事

「水泳 + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

「水泳 + 萩野公介」のおすすめ記事

「水泳 + 萩野公介」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「卓球」のニュース

次に読みたい関連記事「卓球」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら