【新日本】G1崖っぷちの棚橋 長州の言葉で逆襲宣言

【新日本】G1崖っぷちの棚橋 長州の言葉で逆襲宣言
棚橋は巻き返しに自信をのぞかせる

 新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス」前年度覇者の棚橋弘至(42)が25日、連覇の誓いを新たにした。Aブロックで既に2敗を喫し、SANADA(31)との公式戦(27日、愛知県体育館)は早くもサバイバルマッチの様相を呈する。そんな崖っ縁のエースを奮い立たせるのが、6月に引退した“革命戦士”こと長州力(67)の言葉だった。

 棚橋が置かれている状況は厳しい。開幕2連敗からの2連勝で星取りを五分に戻したが、公式戦で敗れたIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(31)とKENTA(38)が揃って4連勝中。最終的に勝ち点で並んだ場合は直接対決の勝敗が影響するため、これ以上差を広げられてはブロック突破が困難になる。

 棚橋は「なんだったら赤信号に近い感覚。そのくらい、特にオカダのいるステージは違いますからね。現段階で大崩れは考えにくい」と危機感をにじませる。次戦の相手SANADAも、首位2人との公式戦を残すものの既に3敗と後がない。本来は優勝候補に名を連ねるべき2人の公式戦は、早くも生き残りをかけた一戦となる。

 とはいえ、悲観的な要素ばかりではない。上半期が故障続きだったことで懸念されていたコンディションは復調しているという。「僕の調子を測るバロメーターはスリングブレイドなんです。走る、回る、飛ぶ、全てが分かりますから。そういう意味でも走れてますし、G1にだけアジャストできる僕はすごいなと。我ながらアッパレですよ」と、急に大御所のような風格を漂わせた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月26日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら