【国内女子ツアー】原英莉花ジャンボパターで首位

 国内女子ツアー「センチュリー21レディス」初日(26日、埼玉・石坂GC=パー72)、黄金世代の原英莉花(20=日本通運)が67をマークし、5アンダーで単独首位発進を決めた。

 先週は欠場し、休養明けの原は1番パー5でいきなりのバーディー。3、4番も取って、出だしの4ホールで3アンダーと快調なスタートを切った。11番パー4で初ボギーも直後の12、13番で連続バーディー。「今週は自分に期待できるようなショット力はない。いつも気合を入れ過ぎて空回りしているので、心地よくゴルフができればいい」。最高の滑り出しにも現状を冷静に分析した。

 パター選びにもその時々の調子が表れる。今季は2本のパターを試合によって使い分けており、今週は師匠の尾崎将司(72=I.S.T)から譲り受けたマレット型を選んだ。「平衡感覚がいいかどうか、アドレスが常に真っすぐ構えられているかどうかで決めています」。アドレスに違和感があるときに選ぶのが師匠のパター。パッティングも決して絶好調ではないというわけだ。

 先週は同世代の小祝さくら(21=ニトリ)が初優勝。「これでみんなが1勝しましたよね? なので2勝目を早く挙げたい気持ちが強いです」。ツアーVを飾った黄金世代8人のうち、すでに2勝目を挙げているのは3人。調子はいまひとつでも、世代をリードする一人として、4人目の座は譲れない。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「国内女子ツアー」に関する記事

「国内女子ツアー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国内女子ツアー」の記事

次に読みたい「国内女子ツアー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月27日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。