大船渡・佐々木の「登板回避」に新証言 肩やヒジの問題ではなかった?

大船渡・佐々木の「登板回避」に新証言 肩やヒジの問題ではなかった?
一関工戦での佐々木

「令和の怪物」こと大船渡・佐々木朗希投手(3年)の登板回避問題が各方面に波紋を広げている。国保監督が決勝戦の敗退後に「理由は故障を防ぐため。この3年間の中で一番壊れる可能性が高いのかなと思った」と説明した佐々木の身体的不安は、どうやら昨秋の岩手県大会で痛めていた「股関節痛の再発」にあったようだ。

 大船渡に近い関係者は「言われているような肩、ヒジの問題ではない。彼の場合は去年秋の県大会から股関節に不安があった。盛岡四戦で194球を投げた3日後の準決勝(一関工戦)で129球を投げた過程の中、そこの不安が出てきたんでしょう。そういった流れがあっての決断。監督はあの(決勝戦の)朝、突然判断したわけではない」と証言した。

 同箇所は大船渡が今春センバツ出場を逃した直接の原因である、昨秋の岩手大会3位決定戦(対専大北上)直前で発症した、163キロ右腕・佐々木の“アキレス腱”とも呼べる部分だった。

 この時は前日の準決勝・盛岡大付戦で166球を投げた佐々木自身が股関節痛を自己申告し、国保監督に「今日は投げられません」と告げた。大事を取って3位決定戦の先発を回避した。

 結果的にこの3位決定戦では、10―9と専大北上に追い上げられた8回に佐々木はブルペン入り。無死二塁のピンチでリリーフ登板するも、やはり投球は万全には程遠く、3連打と押し出し四球で逆転を許し、東北大会進出を逃している。

 以来、国保監督は外部の医療関係者、スポーツクリニックなどと連携を図りながら、最後の夏に向け佐々木の患部の治療やケアに加え、再発防止に細心の注意を払ってきた。しかし、恐れていたその不安要素が21日の盛岡四戦後から24日の準決勝・一関工戦にかけて表れてしまったのだろう。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月29日の野球記事
「大船渡・佐々木の「登板回避」に新証言 肩やヒジの問題ではなかった?」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    大谷翔平選手もそうだけど、160km投げれるからって関節や腱がそれに見合うほど強くなっていないように見える。彼らのような別格の選手をケアするメソッドを、スポーツ医学界は総力を挙げて開発してほしい。

    1
  • 匿名さん 通報

    匿名さん 2019/07/30 01:08、他人に期待するんじゃなくてお前が率先してやれは?

    1
  • 匿名さん 通報

    見る側は夢見たいから勝手な事ばかり言って故障したらひとごとで直ぐに忘れる… 張本は過去にすがらないと存在価値が無く時代遅れを自覚しないとね

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら