海老蔵「日本競馬界史上 最高の馬」ディープインパクトの死にショック

海老蔵「日本競馬界史上 最高の馬」ディープインパクトの死にショック
拡大する(全1枚)
市川海老蔵

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(41)が30日、自身のブログを「かなしい かなしすぎる!」のタイトルで更新し、ディープインパクトの死を悲しんだ。

 5月に競馬予想をやめると宣言した海老蔵だが、もともと大の競馬好きとして有名。「ディープインパクト、かなしい、かなしい、忘れられない名馬、凱旋門賞負けた時私は涙流しました、、かなしい、かなしい」と希代の名馬の死を悲しんだ。

 続けて「有馬のハーツクライとも思い出 ダービーも皐月も菊花も 出遅れても勝った、直線!」と現役時代の強さを振り返ると「日本競馬界史上 競走馬としても 種牡馬としても 最高の馬でした。御冥福をお祈りします」と結んだ。

 2005年に史上2頭目の無敗の3冠馬となったディープインパクトは、この日午前中に頸椎骨折が判明。回復の見込みが立たないため安楽死の処置が取られた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「市川海老蔵」に関する記事

「市川海老蔵」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「市川海老蔵」の記事

次に読みたい「市川海老蔵」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク