巨人・岡本が猛反論 誹謗中傷されたマヌケ顔打法

 巨人が9日のヤクルト戦(東京ドーム)で延長10回に劇的なサヨナラ勝ちを飾った。最大7点のリードを許しながら、最終的に10―9と引っくり返した立役者は主砲・岡本和真内野手(23)だ。8回の21号同点3ランを含む2本塁打4打点と大暴れで、チームも引き分けを挟み2連勝と上昇気流に乗ってきた。若武者は人知れず打席での“マヌケ顔問題”を抱えていたが、周囲から浴びせられた、いわれなき誹謗中傷に猛反論した――。

 これぞ4番の大仕事だ。背番号25が描いた放物線に大観衆が総立ちとなった。4回までに7点をリードされながら坂本勇の30号ソロ、ゲレーロの2打席連続ソロなどで3点差まで迫った8回一死一、二塁の場面。前の打席で2戦連発となる20号ソロを放った岡本の登場に、本拠地は異様な興奮に包まれた。

 一発が出れば一気に同点。その中で岡本が放った打球は歓喜に沸くG党が待つ右中間席へ。原監督も思わずベンチを飛び出す興奮ぶりで序盤の重苦しいムードから一転、球場内はお祭り騒ぎだ。延長戦に入り、最後は代打・亀井の左犠飛で決着したが、主役は間違いなく岡本だった。

 大歓声に迎えられ、お立ち台に上がった主砲は「打てたことより、勝てたことがうれしいです」と言いながら、珍しくガッツポーズのようなしぐさを見せたことには「あれはバットを投げようと思っただけなんで」と素っ気なく返して再びG党を沸かせた。

 指揮官も「素晴らしい場面で2本のホームランを打った。2本目は私も鳥肌が立つようなね。これがプロの技というか、ファンの皆さんを魅了するというか、見事なホームランだったと思いますね」と最敬礼。また「神がかり的」と表現したように、巨人が7点差以上から逆転して勝利するのは2006年以来、13年ぶりだった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 岡本和真 侍ジャパン
  2. 岡本和真 年俸
東スポWebの記事をもっと見る 2019年8月10日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「岡本和真 + 侍ジャパン」のおすすめ記事

「岡本和真 + 侍ジャパン」のおすすめ記事をもっと見る

「岡本和真 + 年俸」のおすすめ記事

「岡本和真 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小林誠司」のニュース

次に読みたい関連記事「小林誠司」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら