【新日本】飯伏G1初制覇!劇的な“進化”を証明

【新日本】飯伏G1初制覇!劇的な“進化”を証明
優勝者会見を終えた飯伏はこの表情
       

 悲願成就だ。新日プロレス真夏の祭典「G1クライマックス」は12日、東京・日本武道館で優勝決定戦が行われ、Aブロック1位の飯伏幸太(37)がBブロック1位で前IWGPヘビー級王者のジェイ・ホワイト(26)を撃破し、初優勝を飾った。若手時代から「プロレス界の未来」と嘱望されたゴールデンスターが、5度目の出場で待望のビッグタイトルを獲得。4月の新日プロに再所属後、劇的な“進化”を遂げてついに業界の主役に躍り出た。

 令和初のG1覇者を決める戦いは、文字通りの死闘となった。負傷している左足首を攻められた飯伏はカミゴェをかわされ、ジェイのスリーパースープレックス、クロスアーム式ブラディサンデーの猛攻にさらされる。それでもブレイドランナー(シスターアビゲイル)にカウンターのニーアタックを決めるや、必殺のカミゴェが炸裂。さらに追撃の一発を叩き込み、ジェイを振り切った。

 10日のAブロック最終公式戦ではIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(31)を激闘の末に初めて破り、逆転で優勝決定戦に進出。昨年大会で敗れた大舞台で、ついに栄光をつかみ取った飯伏は「どんどん新日本を、みんなで大きくしていきたいです。僕に言う権利が回ってきたので言わせてもらいます。みんなで新日本プロレスを、プロレス界を盛り上げていきます!」と高らかに宣言した。

 DDT時代の2013年10月、史上初の試みとして新日プロとのダブル所属になった。だが、当時は肉体的にも精神的にも負担が大きく、16年2月に両団体を同時退団。フリーを経て新日プロに再所属したのは今年4月のことで、入団会見では何度も「覚悟」という単語を口にした。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月13日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。