ホストクラブ「愛本店ビル」取り壊し決定 現存する最古で“歌舞伎町の顔”

記事まとめ

  • 1971年創業のホストクラブ「愛本店」が入るビルが2020年6月に取り壊される。
  • 現存する最古のホストクラブとして“歌舞伎町の顔”だった同店だが、複数の移転先が候補に挙がるも、場所探しは難航中だ。
  • 「ダンスホールと愛本店の店の雰囲気はそのまま残す考えです」と野口左近専務は語った。

“歌舞伎町の顔”「愛本店ビル」取り壊し決定

“歌舞伎町の顔”「愛本店ビル」取り壊し決定
ホストクラブ愛本店

 1971年創業のホストクラブ「愛本店」が入るビルが2020年6月に取り壊されることが分かった。昨年10月に亡くなった“ホストの帝王”愛田武元社長(享年78=現名誉会長)が作り上げた日本を代表するホストクラブの移転先だが、退去まですでに1年を切りながらまだ決まっていない。現存する最古のホストクラブとして“歌舞伎町の顔”だった店の行く末は…。

 1階入り口から階段を下りて広がる200坪、50席のギラギラした空間。まばゆい照明に生バンドとダンスホール。「愛本店」は愛田元社長が手作りした“昭和遺産”と呼ぶべきホストクラブだ。東京都新宿区歌舞伎町の象徴としてこの場所で37年間続いた店がなくなるという。

 愛田元社長のもとで長く働いた元ホストの野口左近専務(55)は12日、「昨年暮れにビル側から説明があり、2020年6月にビルが取り壊されることが決まりました。愛本店は移転します」と認めた。

 愛田元社長は1969年、日本最大のホストクラブ(ダンスホール)だった東京都中央区八重洲の「ナイト東京」でナンバーワンを取った。数人の黒服を従えて独立し、71年に愛田観光を創業。新宿2丁目、歌舞伎町、新宿東口にホストクラブを出した後で、この歌舞伎町2丁目のヒデビル(現・叙々苑第二新宿ビル)地下1階に店を構えた。82年12月4日のことだった。

 今となっては歌舞伎町に200軒もあるといわれるホストクラブだが、30年前には愛本店の他、「夜の帝王」「シルクロード」など7店舗しかなかった。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年8月13日の芸能総合記事
「“歌舞伎町の顔”「愛本店ビル」取り壊し決定」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ホストなんて大概は馬鹿で詐欺師かペテン師か。おまけに整形は当たり前の世界。ほんと気持ち悪い。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。