巨人・山口 絶好調の秘密を語る

巨人・山口 絶好調の秘密を語る
今季は腕が下がった山口だが、これも好調の要因という

 巨人・山口俊投手(32)が過去最高のシーズンを送っている。右ヒジ周辺の筋肉の張りから復帰した12日の広島戦こそ4回途中4失点で降板したが、現在リーグトップの11勝(2敗)、防御率2・78とチームを支え続けている。好調の原因から気になる右ヒジの状態まで、背番号11の胸中を聞いた。

 台風接近の影響で広島からの帰京を取りやめたチーム本隊より一足早く移動していた山口は15日、ジャイアンツ球場で調整。ランニングなど軽めの調整で汗を流した。キャッチボールではヒジの位置を意識的に上げ、確認しながら投げていた。
「自分のイメージするリリースポイントと、映像で見るリリースポイントが一致してないから、そこの確認ですね」という右腕だが、気になるのは張りを訴えた右ヒジの状態だ。

 山口本人は「抹消はされましたけど、そんなに重症っていう感覚は自分にはなかった。(抹消直前の投球も)投げようと思えば行けましたし」とケロリ。投球時のヒジの位置が例年より下がっており、周辺から「無理をして投げているんじゃないか」という不安の声もあった。しかも、これまで公になった負傷で右肩はあってもヒジに関するものはなかっただけに心配はなおさらだ。

 その原因について聞くと「何なんでしょうね…やっぱり肩回りじゃないですか」と語るとこう続けた。「肩回りだったり、肩甲骨の動きが良くないから(ヒジ周辺の筋肉に張りが出たの)だと。今までは上から叩きつけるようなオーバースローだったから肩にきていたのが、横からになったのもある。支点がヒジで(腕が)“走る”ようなイメージなので」。シーズンも終盤。疲労がたまった肩回りのコンディションさえ戻ればヒジへの負担はなくなるとした。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 山口俊 年俸
  2. 山口俊 暴力事件
東スポWebの記事をもっと見る 2019年8月16日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「山口俊 + 年俸」のおすすめ記事

「山口俊 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

「山口俊 + 暴力事件」のおすすめ記事

「山口俊 + 暴力事件」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「東浜巨」のニュース

次に読みたい関連記事「東浜巨」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら