対話呼びかける文大統領を北拒絶 日米関係に続き朝鮮半島でも孤立

 北朝鮮の対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会は16日、報道官談話を発表し、韓国の文在寅大統領が15日の「光復節」式典の演説で「2045年までに平和と統一で一つになった国、ワンコリアとして世界に立つ」などと南北対話や協力を訴えたことを批判。「南朝鮮当局者とこれ以上話すこともないし、再び対座する考えもない」と表明した。朝鮮中央通信が伝えた。

 米韓合同軍事演習を重ねて非難し、核問題を巡る米朝交渉からも韓国を排除する姿勢を強調した。文政権が北朝鮮との経済協力事業再開などに応じるまで圧力を加え続ける構えとみられる。

 談話は、名指しは避けながらも、文大統領について「(米韓演習中に)『対話』などと語る人の思考が果たして健全であるのか疑わしい」「まれに見る図々しい人物」と批判している。

 朝鮮半島事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏はこう語る。

「2045年というのは、彼らのいうところの『光復100周年』ですね。この部分を聞いて思ったのは、文大統領は共産主義国のリーダーに憧れているんだなあということでした。旧ソ連でも中国でも『〇か年計画』とか『〇〇年までに成し遂げる』というスローガンが好きです。現に中国の習近平国家主席は今年、新年早々『2049年までに台湾併合を完了させる』と宣言しました。2049年は、中華人民共和国建国100周年にあたります」

 祖国統一「ワンコリア」を呼び掛ける文大統領に対し、金正恩朝鮮労働党委員長はあまりにもつれない。16日に7月25日以降、6度目となる短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体を発射した。

 但馬氏は「特に米韓軍事演習について北朝鮮はご立腹のようです。文大統領を強烈な言葉でこき下ろしています。『韓国では今、反日デモがヒートアップしている』というニュースが日本で伝わっていますが、実はそれを上回る勢いの反文在寅デモが全国規模で起こっているのです。日米を怒らせ、北朝鮮に見捨てられ、国内からは突き上げられ、文大統領はすでに四面楚歌の状況にあるといっていいでしょう」と指摘している。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年8月17日の政治記事
「対話呼びかける文大統領を北拒絶 日米関係に続き朝鮮半島でも孤立」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    どうでもいいてす。

    0
  • 匿名さん 通報

    特アは本当世界の癌だな

    0
  • 匿名さん 通報

    拒絶して至極当然。文の言動も、エキサイトコメ欄を荒らすキチパヨの発言も、対話が成立するような代物ではない。断韓が正解。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。