【高校野球】履正社ナインが泣かせたい「裏方監督」

【高校野球】履正社ナインが泣かせたい「裏方監督」
1失点完投の岩崎(左)と握手する岡田監督

 第101回全国高校野球選手権大会(甲子園)は20日、準決勝2試合が行われ、履正社(大阪)が明石商(兵庫)を7―1で下して初の決勝進出を決めた。今や全国屈指の強豪校となったが、岡田龍生監督(58)就任時は部員11人の弱小チームから始まった。32年を経ても普段から裏方に徹する姿を見てきた選手たちは全国制覇で恩師を男にしようと燃えている。

 強力打線が好投手を攻略し、日本一に王手をかけた。初回、最速151キロを誇る相手の2年生エース・中森から池田、内倉、西川の適時打で一気に4得点。鮮やかな先制攻撃で主導権を握ると、投げては背番号17の2年生右腕・岩崎が1失点10奪三振の完投で、地元兵庫代表で大声援を受けた「公立の星」を難なく退け、近畿対決を制した。

 朝から降った雨の影響で開始が1時間遅れた。聖地の強い味方「阪神園芸」が土を入れ、グラウンドの水たまりは次々に消えていき、その光景にスタンドからは拍手が湧き起こった。ネット上では“安定の仕事ぶり”に称賛が並んだ。

 フィールドで球児たちが輝けるのは、陰ながら舞台を整える裏方さんたちあってこそ――。ナインにとっては“履正社野球部の原点”を思い出させる光景でもあった。チームを率いる岡田監督は選手たちにリスペクトを込めて「裏方監督」と呼ばれている。ある選手は「あれだけ有名な監督さんが裏方に徹してくれるのは本当に頭が下がるばかりです」と言う。

 トリプルスリーを3度達成した山田哲人(ヤクルト)を筆頭にT―岡田(オリックス)、安田尚憲(ロッテ)らをプロに送り込んだ名伯楽は野球の指導ばかりでなく、選手の練習環境を整えるグラウンド整備にも全力を注いでいる。ナインが指揮官の日常を明かす。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年8月21日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「野球」のニュース

次に読みたい関連記事「野球」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら