【夏の甲子園】星稜・奥川は神の手!偉大なOB・松井氏と共通する“特異体質”

【夏の甲子園】星稜・奥川は神の手!偉大なOB・松井氏と共通する“特異体質”
準決勝2回二死、7番・元から見逃し三振を奪い、雄たけびを上げる奥川

 頂点へ、あと一つ。第101回全国高校野球選手権大会(甲子園)は20日、準決勝2試合を行い、星稜(石川)は中京学院大中京(岐阜)を9―0で撃破。エース・奥川恭伸(3年)の7回2安打無失点の快投で24年ぶりに決勝へ駒を進めた。今秋のドラフト1位候補であるプロ注目右腕は、同校OB・松井秀喜氏(45=元巨人、ヤンキースなど)と共通する“特異体質”であることも判明。大成を裏付ける材料としてプロ経験者からも太鼓判が押されている。

 3回戦の智弁和歌山戦での延長14回完投から中2日。準々決勝をスキップし、志願して準決勝の先発マウンドに臨んだ奥川は立ち上がりから気迫十分だった。

「ここまできたら投げたいし、そこは他の投手に譲りたくないという思いがあった。中2日空いたのが大きかった」

 初回先頭に中前打を許したものの、そこから快投ショーが始まった。難なく後続を断ち切り、2回以降は最速153キロの直球と変化球を駆使して5イニング連続で三者凡退。7回二死から右前打を浴びたが、二塁すら踏ませることなくこの回を投げ終えて左腕寺沢(3年)にバトンを託した。

 序盤から打線の援護にも恵まれ、7回を87球でまとめて2安打無四球10奪三振で無失点。バットでも7回二死二、三塁から今大会初安打となる2点二塁打を放ち、投打で勝利に貢献した。8回からは左翼守備に回り、2度の守備機会も無難にこなし、試合終了の瞬間には笑みを浮かべてチームメートと勝利を喜んだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年8月21日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「オールスター」のニュース

次に読みたい関連記事「オールスター」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら