AKB新センター・矢作萌夏を支える指原の金言

 人気アイドルグループ・AKB48の56枚目シングル「サステナブル」(9月18日発売)のミュージックビデオ(MV)が21日、解禁された。主役は17歳にして初センターに抜てきされた矢作萌夏だ。そんな矢作を支えているのは、4月にHKT48を卒業した指原莉乃(26)から受けた“女王の金言”。指原のように表向きは笑顔で、裏では涙を流しながら重圧と戦う――。 

 前作から半年ぶりとなる同シングル。MVのテーマは“原点回帰”だ。

 2006年のデビューから13年、平成を代表する国民的アイドルまでに成長したAKB48。“令和初”となるシングルは、通ってきた道筋を振り返る内容になっている。

 撮影は7月上旬、初の北海道でのオールロケ。ダンスシーンは、ドローンで雄大な大自然の中で躍動するメンバーが空撮されている。ドラマシーンは、06年のデビューから13年にわたるグループの歴史がちりばめられ、デビュー時やブレーク前夜から現在、そして未来と6つの年代が描かれている。新たなAKB48を期待させる内容だ。

 矢作は「このMVを通してAKB48の歴史を皆さんに思い出していただいて『あっエモいなぁー』って思っていただけたら、うれしいです」。

 ドラマシーンでは、デビューシングル「会いたかった」でセンターを務めた前田敦子の立ち位置を演じる。矢作は「画角やシチュエーションなども『会いたかった』に寄せていて、撮影してくださるスタッフさん側でも『前田さんを意識して撮っているんだろうなぁ』と思いましたし、私自身も意識してしまいました」と話す。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「AKB48」に関する記事

「AKB48」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「AKB48」の記事

次に読みたい「AKB48」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク