【夏の甲子園“驚”エピソード(1)】仙台育英 たこ焼き5000個を監督がごちそう

【夏の甲子園“驚”エピソード(1)】仙台育英 たこ焼き5000個を監督がごちそう
須江監督(左)の計らいで選手たちはたこ焼きを堪能した

 第101回全国高校野球選手権大会は、いよいよ佳境を迎えた。全国3730校の頂点を決める令和最初の夏の甲子園は22日の決勝を残すのみ。そこで今回は日々の紙面に納まりきらなかった秘蔵エピソードを一挙大放出する。優勝校監督の涙ぐましいこだわりや、名門校のたこ焼き伝説にオカルト話…。本紙“探偵記者”が厳選したネタでお楽しみください。

【テッパンの強さ】仙台育英(宮城)の須江監督は甲子園入りの日に、なぜか「お前たちに飽きるほどたこ焼きを食わせてやる」と豪語。準々決勝で敗退するまでの約20日間、メンバー外も含めた帯同部員40人全員に毎日1人1皿のたこ焼きをポケットマネーでごちそうしたという。「1皿6個入りとして40人で20日間。1日2皿食べる日もあったので、育英で5000個は食べましたね。大阪中のたこ焼きを食べ尽くすつもりで食べた。おいしかったです」「練習グラウンドごとに、その近くのたこ焼き屋さんのものを買ってきてくれるので、飽きはこないです。飽きたらマヨとかポン酢とか、別の味でもいいぞと言ってくださるんですが、本場のソースがおいしくて結局ソース一択です」とナインの反応も上々だった。ちなみに地方大会直前にはバーベキューを開き、須江監督が部員全員100人前の焼きそばを焼いたという。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年8月22日の野球記事
「【夏の甲子園“驚”エピソード(1)】仙台育英 たこ焼き5000個を監督がごちそう」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    優秀な指揮官は部下を「食わせる、休ませる」。無理に働かせようとすると人は「どうやってサボるか」しか考えなくなる。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。