【スターダム】木村花 元レスラーの母に「石の上にも三年」と言われたけど…

【スターダム】木村花 元レスラーの母に「石の上にも三年」と言われたけど…
花は東京スカイツリーをバックにポーズ

【リングを彩る魅惑の女子ファイター】個性豊かな昨今の女子プロレス界で、異彩を放つのが「スターダム」に所属する木村花(21)だ。母は元プロレスラーの木村響子さん(42)で、インドネシア人の父との間に生まれた。だが1歳になる前に父とは離れ離れになり、子供のころはいじめにも遭った。「見た目が人と違うので。『国に帰れ』とか言われました。生まれも育ちも日本なんですけど」。唯一の支えは海外の音楽を聴くなど、ネットで異文化に触れることだった。

 小学校低学年のころは、頻繁に母の試合を見に行った。「お母さんがプロレスラーで格好いいと思っていたんです。でも小学校高学年からしばらく遠ざかってました。もう好きじゃないみたいな感じで」と振り返る。再び接点を持ったのは高校入学後。試合会場で母の売店を手伝い始めたことだった。「母の作戦だったみたいです。『プロレスやりなよ』と言われ、『絶対やらない』って断っていたんですけど。見るのは飽きたけど、やるのは
どうなのかなって」と心境に変化が訪れた。

 2015年10月、W―1が開校したプロレス専門学校「プロレス総合学院」に1期生として入学。厳しい練習を乗り越え、16年3月30日にデビューした。「(W―1会長の)武藤敬司さんが『女子プロいいね』と言ってくださってすごくうれしかったです」。デビュー後は各団体で試合をしてきたが、今年4月にW―1を離れスターダムに入団した。「学生のころに仲間とか友達がいなくて。スターダムに青春ぽいものを感じた。外国人選手もたくさん上がっているし。子供のころ、いじめに耐えられたのも海外の人と関わってほっとできる環境があったから」と移籍の理由を語る。

「プロレスをやるって決めた時、母に『石の上にも三年』って言われた。掛ける3したら誰も文句は言わないと思って最低9年はやるつもりです」。唯一無二の女子レスラーとして我が道を行く。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年8月22日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。