高山善廣 ビデオメッセージで「オールスター戦」年1回開催を提案

高山善廣 ビデオメッセージで「オールスター戦」年1回開催を提案
高山の映像に見入る参加レスラーたち

 頸髄完全損傷でリハビリ中の帝王・高山善廣(52)の支援大会「TAKAYAMANIA EMPIRE 2」が26日、東京・後楽園ホールで開催された。

「夢のオールスター戦」(1979年8月26日)からちょうど40年後の開催となった2回目の支援大会に、今年も団体の垣根を越えた有志が終結。全7試合のメインイベントでは鈴木みのる(51)、鈴木秀樹(39)組が丸藤正道(39)、田中将斗(46)組と対戦し、30分フルタイムドローの大熱戦を繰り広げた。

 全試合終了後には高山からビデオメッセージが届き「夢のオールスター戦40周年というと、新しいファンの方はお分かりではないかもしれませんが、馬場・猪木の両名がタッグを組んだ夢の舞台でした。もう僕がやるかは分かりませんが、プロレス界は8・26、今後、毎年一年に1回やってほしいですね。これは僕からの提案です」と訴えた。

 さらに「ほんとにちょっとずつですが(感覚が)戻っているような気がします。明らかに自分の中では感覚が違ってますので、鈴木みのるにビッグブーツをかませる日が来るのではないかと思い、リハビリに励んでいます」と報告し、支援する全ての人間への感謝を口にした。

「高山」コールが鳴り響く中、盟友みのるが「あいつは、俺らとは比べものにならないぐらいのものと、いま戦っている。怖いけど戦ってるんで、この言葉をみんなに送ってあげよう」と提案。会場中が「ノーフィアー!」と絶叫し、大団円で幕を閉じた。

 2度目の大会も大成功となったことを受け、みのるは「高山がプロデュースするオールスター戦、年に1回できたらいいんじゃないかな」と帝王の提案に賛同。「3回目、4回目、5回目と続けていくことに意味があると思っている」と今後も支援の輪を広げていく決意を明かした。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年8月26日のスポーツ総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「高山善廣 + 事故」のおすすめ記事

「高山善廣 + 事故」のおすすめ記事をもっと見る

「高山善廣 + 鈴木みのる」のおすすめ記事

「高山善廣 + 鈴木みのる」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中邑真輔」のニュース

次に読みたい関連記事「中邑真輔」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。