五輪新種目「サーフィン」を1万倍楽しむ法 日本サーフィン連盟・宗像副理事長が教えます

五輪新種目「サーフィン」を1万倍楽しむ法 日本サーフィン連盟・宗像副理事長が教えます
五輪会場で本紙の取材に応じた宗像副理事長

【東スポ2020現場最前線】ボードを使って波に乗り、華麗なテクニックでギャラリーを魅了するサーフィン。来年の東京五輪で新たに採用された競技の一つだ。ただ、知名度の割に競技の見方や採点方法がよく分からない読者も少なくないだろう。そこで本紙は日本サーフィン連盟の宗像富次郎副理事長(58)を直撃。競技の魅力や注目選手、さらにジャパンチームが掲げる“流儀”などを解説してもらった。

 激しい水しぶきを上げる波にボード一枚で立ち向かう。来年の東京五輪で新たに実施されるサーフィンは個人的な趣味の範囲であればイメージするのは容易だ。しかし、競技として想像するのはいかがだろうか。ルールについては別項を参照してほしいが、日本連盟の宗像副理事長は「とにかく楽しんで見ていただきたい」と声を大にする。実は今回のサーフィン、これまでの五輪にはなかった取り組みを行うという。

 組織委によると、開催地となっている千葉・釣ヶ崎サーフィンビーチの敷地を活用し、競技期間中は“フェスティバル”を開催予定。そこではアーティストによるライブなどを計画しており「食事やアルコール等の販売もできればと考えています。競技はもちろんですが、サーフィンを通じてサブカルチャーを味わってもらうのも狙いです」(組織委関係者)。

 サーフィンは音楽、ファッションと親和性が高く、一つのカルチャーを形成している。それを今回の五輪でも体感してもらおうというわけだ。これには宗像副理事長も「このような『サーフィン文化』は世界中のサーファーでは当たり前になってきている」と“王道”仕様を期待している。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月30日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。