武藤敬司 ライガーに継続参戦要求「次は2月。戻ってきてよ」

武藤敬司 ライガーに継続参戦要求「次は2月。戻ってきてよ」
6人タッグ戦はそれぞれが持ち味を発揮

 武藤敬司(56)がプロデュースする「プロレスリングマスターズ」30日の東京・後楽園ホール大会で武藤、衆院議員の馳浩(58)、来年1月に引退する獣神サンダー・ライガー組と永田裕志(51)、中西学(52)、西村修(47)組が6人タッグで激突した。

 試合前にはライガーにかつてのライバルだったエル・サムライ(53)が花束を贈呈しセコンドに就いた。

 白熱の試合は馳が永田をジャイアントスイングで16回転させるなど6人とも自分らしさを存分に出した。最後は両ヒザの人工関節置換術から復帰2戦目となる武藤が西村に閃光魔術弾の2連発で3カウントを奪った。

 試合後は馳が永田と組んで天山、小島との対戦を、ライガーは「引退までにサムライとタッグを組みたい」と武藤に要求

 リングに上がったサムライは「誠に申し訳ありませんが、試合はできないと思います。ヒザが痛くて」と回答した。

 武藤は「マスターズのプロデューサーは俺だから。勝手にマッチメーク決めないで。次のマスターズは(来年)2月。引退してもいつかやりたくなるからライガー戻ってきてよ」とライガーに継続参戦を提案。続けて「永田、中西、西村。まだまだ青いな」とプロレスリングマスターの貫録を見せ大盛況に終わった。

 バックステージでは「プロレスいいな。やってて元気になる」と総括。ヒザに関しては「持ちこたえたね。理想とするところではないが発展する余地はある」と述べた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年8月30日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「本間朋晃」のニュース

次に読みたい関連記事「本間朋晃」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「真壁刀義」のニュース

次に読みたい関連記事「真壁刀義」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中邑真輔」のニュース

次に読みたい関連記事「中邑真輔」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら