五木ひろしが歌手生活55周年で亡き母への思い語る 「親孝行できたと思っている」

記事まとめ

  • 歌手生活55周年の五木ひろしが5日、「感謝の響宴」を開催した。
  • 五木は歌手生活がうまくいかないときもあったが「辞めようと思ったことはなかった」と振り返った。
  • 「成功してお袋を楽させてあげたい」という思いから、辞めるわけにはいかなかったと話した。

五木ひろし 亡き母に感謝の歌手生活55周年「親孝行できたと思っている」

五木ひろし 亡き母に感謝の歌手生活55周年「親孝行できたと思っている」
母への思いを語った五木

 今年で歌手生活55周年の五木ひろし(71)が5日、都内で「感謝の宴」を開催した。
 
「5」の数字にこだわる五木は、節目となる55周年とあって「5日」を選んだ。会場には歌手の北島三郎(82)、フリーアナウンサー徳光和夫(78)、小泉純一郎元首相(77)、横綱白鵬(34)ら政治家、芸能人、著名人のほか、ファンクラブ会員など500人以上の客が招かれ、盛大に行われた。

 五木はこれまでの歌手生活を「なかなか、うまくいかないときもあったけど、辞めようと思ったことはなかった」と振り返った。

 1964年にデビューしたものの、ヒット曲に恵まれず不遇の日々を過ごしたが、歌手生命をかけて出場した1970年の全日本歌謡選手権でグランドチャンピオンに輝いた。翌71年には「よこはま・たそがれ」が大ヒット。それからは数多くの賞を受賞するなど、歌手・五木ひろしとしてスターの道を歩んできた。

「こうして頑張れたのは僕を育ててくれたお袋への思いが強い。成功してお袋を楽させてあげたいと思っていたから、なんとしても辞めるわけにはいかなかった」と話した。

 今では「親孝行できたと思っているし、他界してしまったお袋も天国で55周年を祝ってくれているのではないか」と感慨深げだった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

五木ひろしのプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る 2019年9月5日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら