【大相撲秋場所】右手小指骨折で休場 白鵬「一代年寄授与」の条件

【大相撲秋場所】右手小指骨折で休場 白鵬「一代年寄授与」の条件
前日8日に黒星発進の白鵬は支度部屋で厳しい表情だったが…

 大相撲秋場所2日目(9日、東京・両国国技館)、3場所ぶり43回目の優勝を目指していた横綱白鵬(34=宮城野)が右手小指の骨折のため休場した。3日には念願の日本国籍を取得したばかりだが、「日本人初V」は来場所以降に持ち越しとなった。一方で、現役引退後に日本相撲協会から「一代年寄」が授与されるかどうかは、現時点で不透明のまま。大横綱が角界で4人目の称号を得るための条件とは――。

 この日、白鵬は日本相撲協会に「右第5中手骨骨折、約2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出。途中休場では自己最速となる2日目でリタイアすることが決まった。白鵬は今月1日に行われた伊勢ヶ浜一門の連合稽古で右手小指を負傷。通常であれば出稽古で調整する時期にもかかわらず、2日以降は関取衆と相撲を取る稽古を控えていた。

 初日(8日)の取組後に痛みが悪化したため、この日の朝に都内の病院で検査を受けたところ骨折が判明。師匠の宮城野親方(62=元幕内竹葉山)は「(1日に負傷した時点で)痛みはあったけど“これぐらいなら大丈夫”と思っていたようだ。検査を受けたら折れていた」と説明した。

 モンゴル出身の白鵬にとって、今回は節目となる場所でもあった。3日に念願の日本国籍を取得したばかりだからだ。これで、かねて希望していた現役引退後に親方になるための条件をクリアした。今後は相撲協会から「一代年寄」を授与されるかどうかが焦点の一つ。過去に授与されたのは大鵬、北の湖、貴乃花の3人(千代の富士は辞退)。優勝20回以上が一つの目安とされ、42回の優勝を誇る白鵬は実績面では申し分ない。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年9月10日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら