阪神・メッセンジャー男気引退 虎の財布まで助けた

阪神・メッセンジャー男気引退 虎の財布まで助けた
12日の練習試合ではメッセンジャーが物憂げにボールを見つめる場面もあった

 逆転CS進出に燃える阪神に激震だ。13日、二軍降格中のランディ・メッセンジャー投手(38)が今季限りで現役引退すると発表。同日午前、本人からの申し出を受け、球団が了承した。来日10年目で“日本人扱い”となった今季の長寿助っ人は自身5年連続6度目の開幕投手を務めたが、登板13試合で3勝7敗、防御率4・69と低迷。体力の限界を感じ、電撃引退を即決した格好だが、チーム内での反応はというと…。

 長年、虎の大黒柱だったメッセンジャーが球団の国際スカウトに自らの電撃引退を申し出たのはこの日の午前中だった。一報を伝え聞いた谷本球団本部長は東京での会合後、ナゴヤドーム内で緊急会見。「(本人が)思い通りにならないと…。あれだけ長年にわたって投げ続けてきた投手なので肩やヒジに疲労もあったのでしょう。何とかもう一度一軍のマウンドに立ちたいと米国に戻って治療もしたが、やはり昨日も結果が出なくて。潔くユニホームを脱ぎたいと申し出があったので、これまでの功労に感謝して(引退を)認めました」と明かした。

 メッセンジャーは12日の四国アイランドリーグ・徳島との練習試合(鳴尾浜)に先発し、5回4安打4失点と大荒れ。登板後は放送禁止用語を繰り返し、怒りに任せて投げつけたかみたばこが本紙カメラマンに直撃する一幕もあった。この乱調で今季中の一軍登板が絶望的となり、あと2勝に迫っていた日本通算100勝の今季中の達成も厳しい状況に追い込まれていた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年9月14日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュース

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら