羽生結弦がオータムクラシックで優勝 安定した滑りで今季初戦V

記事まとめ

  • 「オータムクラシック」男子フリーが行われ、首位発進した羽生結弦が優勝した。
  • ジャンプにミスがあったが、ステップやスピンで得点を稼ぐ安定した滑りを見せた。
  • 次戦は10月25日開幕のグランプリシリーズ第2戦のスケートカナダ。

【フィギュアスケート】オータムクラシック・男子フリー 羽生が安定した滑りで今季初戦V

【カナダ・オークビル14日(日本時間15日)発】フィギュアスケートの「オータムクラシック」男子フリーが行われ、前日のショートプログラム(SP)で首位発進した五輪2連覇の羽生結弦(24=ANA)が180・67点をマークし、合計279・05点で優勝を飾った。 冒頭の4回転ループ、続く4回転サルコーは着氷が乱れた。体勢を崩しながら何とかこらえたがGOE(出来栄え点)は減点。その後、2つの4回転トーループは回転不足となったが、ジャンプ以外のステップやスピンで得点を稼ぐ安定した滑りを見せ、今季初戦で期待通りのVを手にした。 次戦は10月25日開幕のグランプリ(GP)シリーズ第2戦のスケートカナダ。さらに磨きをかけ、シーズン終盤での大技・クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)の習得を目指していく。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. フィギュアスケート ルール改定
  2. フィギュアスケート 女子
東スポWebの記事をもっと見る 2019年9月15日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「フィギュアスケート + 女子」のおすすめ記事

「フィギュアスケート + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

「フィギュアスケート + ルール改定」のおすすめ記事

「フィギュアスケート + ルール改定」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら