ソフトバンク・松田宣 36歳「熱男」の流儀

ソフトバンク・松田宣 36歳「熱男」の流儀
6回に29号ソロを放ち熱男ポーズを決める松田

 ソフトバンクが14日の日本ハム戦(札幌ドーム)に3―1で快勝。マジックを1つ減らして11とした。勝利の立役者が松田宣浩内野手(36)だ。2回の打席では自らの判断で優勝への執念を体現する犠打を決めると、6回には大台到達へリーチをかける29号ソロを放った。ここぞのシーズン最終盤で存在感を見せている。そんな松田宣は“熱男の矜持”を持ってチームの柱として全試合出場を目指している。

 松田宣がバットでチームを勝利に導いた。6回、二死走者なしから有原のフォークを左翼席に運んだ。貴重な追加点となる29号ソロ。ベンチ前でおなじみの“熱男コール”を響かせた。工藤監督も「1点欲しいところで打ってくれた」とたたえた。

 過去、5度のリーグ優勝と日本一を知る。今季のような終盤までもつれるマッチレースも経験してきている。2014年はシーズン最終戦がオリックスとの直接対決で、優勝を決めるサヨナラ打を放った。「僕らは経験をたくさんしてきてもいる。生かしていきたい」と話す。

 この日にしても2回に無死一、二塁からセーフティー気味に送りバントを成功させた。過去4年、犠打0だった男が今季は2度目。自らの判断だった。「打てのサインだったけど、残り試合で無死一、二塁のチャンスが何回来るか考えた」。得点にはつながらなかったものの、序盤から攻め立てたことが、有原に4安打に抑えられながらも3点を奪っての勝利につながった。

 ここまでチーム唯一の全試合出場。36歳のベテランが元気いっぱいにシーズン完走へ向かっている。チームは毎年のようにV争いをして最後まで戦っており昨季も今季も故障者が多い。そんな中で2015年から全試合出場を続ける松田宣の存在はひと際目立つ。まさに驚異的な体力だが、疲れはないのだろうか。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年9月15日の野球記事
「ソフトバンク・松田宣 36歳「熱男」の流儀」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    申し訳ないけど、松田選手が活躍する度に、日本プロ野球のレベルの低さを実感します。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら