SareeeがWWE挑戦表明

SareeeがWWE挑戦表明
Sareee(上)は激しく攻める場面もあったが…

 女子プロレス「ディアナ」のシングル2冠王・Sareee(23)が世界最大団体「WWE」(米国)への挑戦を決意したことが14日、本紙の取材で分かった。6月にWWEの最高執行責任者(COO)のトリプルH(50)と極秘に会談したことに加え、2人の日本人スーパースターから背中を押されたという。目標の東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」女子プロレス大賞を手に、世界に羽ばたくことができるか。

 今年度の女子プロレス大賞受賞を目標に掲げるSareeeは、昨年度の受賞者・藤本つかさ(36=アイスリボン)との対戦に向け「今年(藤本は)女子プロレス大賞を世間に広めるようなことを少しでもしました? 私が受賞すれば“世界中に”広められます」と意味深に話していた。

 その「世界」とはWWEを意識しての発言だった。Sareeeは「(WWEの)トリプルHさんと会って刺激を受けました。世界に自分のプロレスを届けたい。私の目的は女子プロ界の頂点に立つことですから」と断言。事実上のWWE挑戦表明と言っていいだろう。

 2人は6月のWWE日本公演の際に初遭遇した。さらに、現在進行で活躍する日本人スーパースターと会談したことが決断の背中を押したという。日本公演ではカイリ・セイン(30=宝城カイリ)と会い「いろいろ、アメリカでの生活のことを話してもらいました。『そうなんだー』って思いました」。

 さらに関係者を通じてインターコンチネンタル王者の“黒いロックスター”中邑真輔(39)との会食も実現。中邑とは「内容は言えません(苦笑い)」とのことで、“女子プロレスあるあるトーク”で大いに盛り上がったという。

 そんな2人との中身の濃い会話でSareeeは「遠い世界と思っていたのが、近くになったのは間違いないです」と話す。視界に世界をとらえつつ、女子プロレス大賞をかっさらおうというわけだ。

 しかし、受賞に向け必勝を期したこの日のアイスリボン横浜文化体育館大会での藤本戦では、激しい消耗戦の末に敗北。「思ったより差があったと思います」と勝ち誇る藤本に、大誤算のSareeeは「目が回って負けただけだからな!」と錯乱気味だった。ここから世界進出へ向けて、どう巻き返すか。次の一手に注目したいところだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年9月15日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら