ハル・ミヤコ女史 ポコたんに惨敗のチュパカブラを置き去りにして帰る

記事まとめ

  • チュパカブラがポコたんを襲撃し、グローブマッチが緊急決定した。
  • チュパカブラはポコたんに惨敗した。
  • ハル女史は気の抜けたチュパカブラを置き去りにして荒川土手へと帰った。

【DDT】ハル・ミヤコ女史 ポコたんに惨敗したチュパカブラを置き去り

【DDT】ハル・ミヤコ女史 ポコたんに惨敗したチュパカブラを置き去り
ポコたんに完敗したチュパカブラ(左)。ハル・ミヤコ女史は男色ディーノに報復を誓った

 完敗よ。ハル・ミヤコ女史(年齢不詳)率いる新生IWAジャパンのUMA軍のチュパカブラが、DDT・高梨将弘(36)主催興行(15日、東京・両国KFCホール)で、DDTのアイドルでゆるキャラのポコたんに惨敗した。

 ポコたんはUMA軍の天敵・男色ディーノ(42)が生みの親。細かい説明は省略するが、とにかくいろんな経緯の末、チュパカブラは13日にポコたんを襲撃。大流血に追い込み、遺恨決着戦としてグローブマッチ(3分3R)が緊急決定した。

 チュパカブラを率いて堂々と胸を張り登場したハル女史は「憎きモーホーの血を継承するポコたん、ユーのゆるキャラ生命も今日をもって終わりよ。覚悟なさ~い!」と、1980年代に公道でバイクを自由自在に操ったレディースのように「ピッ、ピーッ!」と笛を鳴らして入場した。

 一方のポコたんは、セコンドとして女子プロレスラー・帯広さやか(33)を同行させた。確か帯広はUMA軍団のお荷物・中年モグラ男のセコンドも務めていたはずだが、女心と秋の空、加えて元川恵美の系列となれば、新生IWAジャパンに対して反旗を翻しても何の不思議もない。というか、それがまっとうな社会人としての判断だ。

 ポコたんのゆるキャラとしての将来を考慮した大会実行委員会は、凄惨さを避けるためグローブマッチルールを採用。本来の競技とかけ離れたルールが採用された場合、想像以上の重圧がのしかかり実力を発揮できないケースが多いことは、東金のミスター対クロアチアの英雄戦を例に出すまでもない。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年9月16日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら