競馬界衝撃 名馬たてがみ連続切り許せん!中村均元調教師ら怒りの声

競馬界衝撃 名馬たてがみ連続切り許せん!中村均元調教師ら怒りの声
たてがみを切り取られたウイニングチケット(うらかわ優駿ビレッジアエル提供)

 次週のスプリンターズSから秋のGIシリーズが開幕するJRA(日本中央競馬会)に今、衝撃が走っている。タイキシャトル、ローズキングダム、ウイニングチケット、ビワハヤヒデといった名馬の“たてがみ連続切り取り事件”が起きていたことが判明、競走馬の命とも言えるたてがみを狙った悪質な犯行にトレセン関係者からすさまじい怒りが湧き上がっている。

 18日に北海道浦河町の観光宿泊施設「うらかわ優駿ビレッジアエル」でけい養されている1993年の日本ダービー馬ウイニングチケット(29歳)のたてがみの一部が何者かに切り取られ、同施設が道警浦河署に被害届を提出していたことがわかった。施設関係者によると、16日朝にたてがみ幅10センチ、長さ20センチが切られているのが見つかった。

 15日には日高町のヴェルサイユファームでけい養されているGI・5勝馬のタイキシャトル(25歳)と、GI・2勝馬ローズキングダム(12歳)のたてがみが切り取られていたことが判明した。

 さらに、20日には北海道日高町の日西牧場にけい養されているビワハヤヒデ(29歳)のたてがみが16日に何者かに切り取られていたことが発覚した。日西牧場のツイッターによると、被害届は出さない方針だが、今後ビワハヤヒデの見学は中止される。

 これら名馬のたてがみはフリーマーケットアプリ「メルカリ」に出品されていた。すでに削除されているが、ウイニングチケットのたてがみが2555円、タイキシャトルが3999円で出品されていた。過去にはメルカリでディープインパクトやキタサンブラックのたてがみが、高額なものでは9万5000円で落札されたことがあった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年9月21日のスポーツ総合記事
「競馬界衝撃 名馬たてがみ連続切り許せん!中村均元調教師ら怒りの声」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    昔から馬と人をつなぐものとしてたてがみをお守りとして持っている関係者は数多い。←博打打で競馬に行く連中、それを聞きつけて商売にしようとした連中だったりしてな。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら