エース大迫離脱でW杯予選ピンチ あのベテランFWが救世主に!

エース大迫離脱でW杯予選ピンチ あのベテランFWが救世主に!
負傷した大迫(手前)は約6週間の離脱となる(ロイター)

 サッカー日本代表が非常事態だ。ドイツ1部ブレーメンの日本代表FW大迫勇也(29)が太もも裏の筋損傷で約6週間離脱することになった。

 大迫は18日の練習で負傷。ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督(36)は19日の会見で「太もも裏の筋肉を損傷し、おそらく4~6週間はサッカーをすることはできない」との見解を示した。復帰は10月末の見込みで、日本代表が戦うカタールW杯アジア2次予選モンゴル戦(同10日、埼玉)とタジキスタン戦(同15日、ドゥシャンベ)への出場は絶望的だ。

 森保ジャパンではかねて“大迫依存”が問題視されていたように、代えの利かない選手。森保一監督(51)も頭を抱えるのは間違いないほど危機的な状況と言える。すでに代役候補として、FW上田綺世(21=鹿島)やFW鎌田大地(23=Eフランクフルト)の名前が取りざたされる中、有力候補として急浮上するのはベテランFW岡崎慎司(33=ウエスカ)だ。

 岡崎は7月末にスペイン2部マラガに加入したが、クラブの財政問題などで退団。プレーできないもどかしい状況が続いたものの、今月に同ウエスカ入団後は出場時間を増やした。18日のアルバセテ戦では今季初先発してフル出場を果たし、健在ぶりをアピールした。

 森保監督は8月末のメンバー発表会見で「チーム内の立ち位置を考慮して選出する」と選考方針を説明。さらに「これまで招集させてもらった選手は招集の対象。今後は変わってくることもあり得る」と語っており、岡崎の経験値と安定感を買って白羽の矢が立つ可能性は高そうだ。

 岡崎は6月に「サコ(大迫)が潰されても違うパターンでいこうとなれるチームじゃないとダメ。そのパターンの一つに自分もならないと」と話しており、すでに大迫不在をシミュレーション済み。救世主として期待が集まりそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年9月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら