【旭堂南鷹の競馬講談したい馬】日曜阪神11R神戸新聞杯のサートゥルナーリア 距離不安の疑問に角居調教師「大丈夫だと思います」

【旭堂南鷹の競馬講談したい馬】日曜阪神11R神戸新聞杯のサートゥルナーリア 距離不安の疑問に角居調教師「大丈夫だと思います」
サートゥルナーリアはどんな勝ち方を見せてくれるか

【旭堂南鷹の競馬講談したい馬】キセキが負けた。

 15日に行われたフォワ賞で、日本同様の軽快な逃走を見せたが、欧州屈指の実力馬ヴァルトガイストに、あっさりと捕らえられた。

 翌日、競馬場へ行く途中の電車内でも、場内で放映されたVTRを見ても、多くの日本競馬ファンが意気消沈していた。

 しかし、僕の見解は違う。角居厩舎の歴史をひもとけば、何頭かいる海外の大レースの勝ち馬をみると、現地で前哨戦を使ったのはメルボルンC優勝馬デルタブルースのみ。このときはコーフィールドCを3着に負けてからの臨戦だった。ちなみに同じ年のメルボルンCで2着だったポップロックはコーフィールドC・7着からの巻き返し。

 国内に目を移しても、日本ダービーを2勝しているが、ウオッカは桜花賞2着、ロジャーバローズは京都新聞杯2着からの栄冠だった。ジャパンCの2勝も、ウオッカは天皇賞・秋3着、エピファネイアが同レース6着とやはり敗戦を喫している。

 もちろん、連勝するにこしたことはないが、最大の目標を射止めるからこそ、角居厩舎は超一流なのだ。だから、キセキの3着に気落ちする必要はまったくない。

 それにしても、さすがスミヨンだと、スタート直後にうなった。ここ数走、モッサリとゲートを出ていた。正直、有馬記念宝塚記念で、あのスタートを切れていたのなら勝っていたのではないだろうか。角居勝彦も、ゲートの出脚は「たぶん、直らない」と言っていた。文字にすれば、悲観的に聞こえるが、これは「あえて直さない」というニュアンスだった。だから「逃げることはない」と角居も踏んでいた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. サートゥルナーリア twitter
東スポWebの記事をもっと見る 2019年9月20日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「サートゥルナーリア + twitter」のおすすめ記事

「サートゥルナーリア + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ブラストワンピース」のニュース

次に読みたい関連記事「ブラストワンピース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レイデオロ」のニュース

次に読みたい関連記事「レイデオロ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら