【レスリング】世界選手権Vの文田が帰国「五輪の金じゃないとダメ」

【レスリング】世界選手権Vの文田が帰国「五輪の金じゃないとダメ」
拡大する(全1枚)
金メダルを披露する文田(右)と太田

 カザフスタン・ヌルスルタンで開催されているレスリングの世界選手権男子グレコローマン60キロ級で金メダルを獲得した文田健一郎(23=ミキハウス)と、同じく63キロ級で金メダルを獲得した太田忍(25=ALSOK)が20日、羽田空港に帰国した。

 文田は「(決勝)前日に五輪代表権も決めていて、優勝した瞬間はうれしかったが、東京まであと10か月。スタート地点に立っただけ。通過点だと思った」と気を引き締めた。

 今後の課題として「投げが警戒されている中でグラウンドでポイントを取って勝つ展開が多かった。対策されてるのはしょうがないので東京ではいかに自分の技をかけられるか。世界で通用する技のバリエーションが増えれば反り投げも生きてくる」と挙げた。

 優勝したら10日ぐらい休むつもりだったが2~3日で練習を再開するという。「オリンピックの金メダルじゃないとダメ。ゆっくり旅行もしたいが東京が終わってから」とレスリング漬けの生活に戻る。

 一方の太田は非五輪階級での金。東京は67キロ級で目指すことになる。「僕にしかできないこと。やりがいはある。筋力(アップ)、レスリングスタイルも変えていかないといけない。骨格、身長は変わらないので、その中でどう戦うか。出場する力はあると思うが金メダルにはまだまだ。断トツの力がないと。そういう力をつけるためにこれからやっていく」と意気込んだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「レスリング」に関する記事

「レスリング」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「レスリング」の記事

次に読みたい「レスリング」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク