天龍源一郎VS高田延彦氏 トークバトルで貴重な証言連発

天龍源一郎VS高田延彦氏 トークバトルで貴重な証言連発
トークショーを行った天龍源一郎(左)と高田延彦氏

 天龍プロジェクト主催によるミスタープロレス天龍源一郎(69)と“最強”こと高田延彦氏(57)のトークバトルが22日、東京・目黒区のStudio CLASKAに超満員180人のファンを集めて行われた。テレビのワイドショー番組は、実に6局が取材に訪れた。

 天龍と高田氏は1996年7月20日のUWFインター神宮球場大会で初対決。歴史に残る激闘の末、高田氏が勝利して同年の東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」年間最高試合賞を獲得。12月13日のWAR両国大会では天龍が壮絶なリベンジを果たした。いわば今回のトークバトルが「3度目の一騎打ち」となるだけに、開始から場内は異様な熱気に包まれた。

 高田氏は冒頭で「楽屋に入った瞬間に天龍先輩がいらしたので、アイドリングできないままここに座っています。今日はがっつり楽しんでください!」と笑顔で語った。

 天龍は若き日々を振り返り「あのころ新日本プロレスは、毎週金曜夜8時から放送されてたじゃない。いつも猪木さんの横にピッと直立不動で立って、ガウンを受け取っているりりしい若者を見て、馬場さんが『オイ、お前らこの若者を見習わんか。ダラダラとしやがって』と怒ってさ。今までとは別のシステムを導入したんだよね」と意外な事実を明かした。

 お互いコインランドリーもない時代に新弟子時代を過ごした2人は、それぞれの苦労話を披露。高田氏が「毎日、猪木さんのマッサージを3時間やってました。でも最後まで僕が抱いていた猪木さんのイメージは変わりませんでしたね」と語るや、天龍は「そのメンテナンスが猪木さんの選手生命を長くしたと思うよ」と正論中の正論を吐いた。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「三沢光晴」のニュース

次に読みたい関連記事「三沢光晴」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「長州力」のニュース

次に読みたい関連記事「長州力」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。