【Challenge! 新人選手】社会人野球名門でプロ目指した宮下一歩「バッティングスタイルのような思い切りのいいレースしたい」

【Challenge! 新人選手】社会人野球名門でプロ目指した宮下一歩「バッティングスタイルのような思い切りのいいレースしたい」
宮下一歩

 7月にデビューした115期の宮下一歩。在校65位(69人中)ながら、1着も多く、コンスタントに決勝進出するなどまずまずの滑り出しだ。気になる名前の由来は「両親に確認しましたが、僕の名前と例の有名なボクシング漫画とは一切関係ありません」と笑顔で語ってくれた。

 競走訓練での1着回数が1回と競輪学校(現日本競輪選手養成所)では苦戦が続いた。しかし、デビュー戦の7月弥彦で②①(6)。その後も1場所1勝ペースで勝ち星を増やしている。「なんで勝てるのか自分でも不思議なんですよ」と苦笑い。着々とパワーアップしているのは間違いない。

 甲子園出場経験こそないが、地球環境高、京都学園大(現京都先端科学大)時代は野球に情熱を燃やした。大学卒業後は王子(愛知県春日井市)に入社も「プロ入りを目指して社会人野球の道に進んだが、力不足ということを痛感した」。野球がダメでもプロのスポーツ選手になりたい一心で競輪の世界に入ることを決意した。「最初は適性試験での合格を目指したけれど思った以上にハードルが高かった。そこで今の師匠(小峰烈・98期)を頼って技能試験で競輪学校を目指した。会社も辞めて背水の陣で臨んだけどタイムが思うように出なかったし不安しかなかった」。しかし、諦めない心が通じて念願のプロ入りを果たして今に至る。

「初めて頂いた賞金はうれしかったのひと言。自分の脚で稼いだ、貴重なお金ですからね。プロになったんだと実感しています。自分の頑張り次第で賞金額が増えるわけだからやりがいというか魅力はありますよね」と、目を輝かせる。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年9月24日のスポーツ総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「ボクシング + 井上尚弥」のおすすめ記事

「ボクシング + 井上尚弥」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「プロレス」のニュース

次に読みたい関連記事「プロレス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。