「288円定食」大阪進出のその先

「288円定食」大阪進出のその先
天野氏と大阪店の青田店長(右)

 288円定食で話題の「定食酒場食堂」が大阪に進出した。自らを“夢追い人”と称する天野雅博氏(51)が手掛ける「定食酒場食堂」が東京・曙橋に1号店をオープンしたのは2016年。4号店となる大阪店では24日のオープンに先立ち22、23日にプレオープンイベントが開催され「東京まで年20回ほど食べに行っていた」というコアなファンが喜んだ。関西初出店を果たした天野氏は、さらなるプランもブチ上げた。

 プレオープンのため来阪した天野氏は「ネットを見て、関西から食べに来てくれてたお客さんが『なんで大阪にないん?』『この店こそ大阪にあるべき。こんな店がないのは大阪の恥』と言ってもらってた。大阪にも出せたらなと思っていたら『やりたい』と声をかけていただいた」と出店の経緯を語る。

 手を挙げたのは大阪・西天満の居酒屋「ゆくる」。これまで「定食酒場食堂」は新規店舗の出店(札幌、東京・大田区新丸子)のみだったが、初の既存店舗へののれん分けとなる。ランチタイム営業は午前11時30分~午後2時、夜は午後5時から。大阪地裁のすぐ近く、大阪一の歓楽街・北新地は道路を挟んですぐという絶好のロケーションにある。

 もともと「ゆくる」は沖縄料理を中心にした居酒屋だったこともあり、店長の青田親一氏は「288円定食はもちろん、肉吸いやホルモンを使ったちりとり鍋、沖縄そばといった大阪店独自のメニューを盛り込みたい。天野さんからも『大阪で評判になったら、東京でも考えるよ』と言ってもらっています」とオリジナルメニューを考案。8月には東京に足を運び、天野イズムをみっちり叩き込まれた。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年9月25日の経済記事
「「288円定食」大阪進出のその先」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    自炊すればその半額以下だけどね。

    4
  • 匿名さん 通報

    うちの近所に250円定食あるよ。

    1
  • 匿名さん 通報

    そもそも「名古屋飛ばし」ありきで事を構えることで金儲け主義のご都合野郎でしかない。大阪より名古屋圏で商売しない飯屋は胡散臭い。口煩い地域に出してこそ成功したと言えるんだから負け犬。

    0
  • 匿名さん 通報

    ちょい飲みで1〜2000円だと安くないんだが

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。