左大胸筋肉離れの貴景勝に「稽古足りないからケガをする」の声

左大胸筋肉離れの貴景勝に「稽古足りないからケガをする」の声
優勝決定戦で御嶽海に寄り切られた貴景勝は左胸を気にするしぐさを…
       

 角界期待のニューヒーローにまさかの事態…。大相撲秋場所千秋楽(22日)に左胸付近を負傷した関脇貴景勝(23=千賀ノ浦)が23日、都内の病院で精密検査を受け「左大胸筋肉離れ、加療6週間」と診断された。これまで多くの力士が苦しんだ大ケガだ。引退に至ったケースもあるだけに、貴景勝にとっては“致命傷”となりかねない。秋場所で12勝3敗の好成績を残して1場所での大関復帰を決めた矢先、力士生命が脅かされる危機に直面している。

 貴景勝は秋場所千秋楽で、関脇御嶽海(26=出羽海)との優勝決定戦の取組中に左胸付近を負傷した。この日、師匠の千賀ノ浦親方(58=元小結隆三杉)は東京・台東区の部屋で報道陣に対応。貴景勝が都内の病院でMRI検査を受け「左大胸筋肉離れ、加療6週間」と診断されたことを明かした。手術を受ける予定はないという。

 貴景勝は秋場所で優勝こそ逃したものの、12勝を挙げて1場所での大関復帰を決めていた。その矢先に起きたまさかのアクシデントに千賀ノ浦親方は「(突き押しを繰り出した時に)自分の力でやってしまった感じ。(ケガの箇所は)初めてのところ。(大関復帰を決めて)ひと安心していたのに、まさかこんな形になるとは…」と沈痛な表情を浮かべた。10月の秋巡業は全休する見通し。

 次の九州場所(11月10日初日、福岡国際センター)の出場についても「それはまだ言えない。とにかく治療をしていくしかない」と話したが、休場する可能性は高い。実際、これまでに多くの力士が大胸筋のケガに苦しめられてきた。元横綱稀勢の里(33=現荒磯親方)は一昨年3月の春場所で左大胸筋と左上腕二頭筋を損傷。その後は休場を繰り返し、今年1月の初場所で現役を引退している。


東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。