【K―1】武尊が語る 「けがの功名」エピソード

【K―1】武尊が語る 「けがの功名」エピソード
拡大する(全1枚)
手術した右拳を見つめる武尊

 3月に右拳の腱を断裂したK―1のエース武尊(28)が、約8か月ぶりの復帰戦に向けた心境を本紙に激白した。欠場中の“あの俳優”との出会いが気持ちを奮い立たせ、「K―1 WORLD GP 2019 JAPAN」(11月24日、横浜アリーナ)の村越優汰(25)戦では「けがの功名」で進化した姿を見せる。


 ――復帰戦が決まった

 武尊 ファンの皆さんを待たせてしまったので、その分「待ってて良かった。やっぱり武尊が一番だな」って思ってもらえる試合にして勝ちたい。(村越は)テクニックがあってうまいなっていう印象はありますけど、武器はないと思う。K―1に来てからはKOもないし。怖さはない。

 ――負傷した右拳は問題ないのか

 武尊 はい。ただ、殴れない期間はつらかったですね。4月に手術をして、殴れるようになったのは8月。だいたい4か月ですけど、こんなに長く殴れなかったのは、小学校で空手を始めてから初めてだったので。

 ――利き手だから生活にも支障があったのでは

 武尊 大変でしたよ。食事も家事も全部左手。包丁を使えないから、調理法もちぎるとか焼くとかしかできなくて。簡単な焼き魚とか、サラダとかばっかり作ってました。肉食から魚食になった? はい。たまには肉も食べますけど、基本は魚に。日本人の体は魚のタンパク質が合っているらしいし、内臓にいいので。食べることもトレーニングですから。

 ――右手が使えない期間の練習は


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク