IQレスラー・桜庭がキレた瞬間

IQレスラー・桜庭がキレた瞬間
桜庭は得意技で柴田(右)の右腕を決めた

プロレスPLAYBACK(2007年9月17日)】IQレスラーこと桜庭和志が16日のノア大阪大会に初参戦。6人タッグ戦でベテラン、小川良成を相手に圧巻の存在感を見せつけ、クリス・リッジウェイをサクラバロックで仕留めた。今後も継続参戦が期待される。

 故郷・秋田県のスポーツ大使も務める桜庭は2日後の18日、秋田県庁で「秋田ねわざ祭2019」(11月30日、12月1日)の開催を発表。初日(秋田市文化会館)はプロデューサーを務めるグラップリング大会「QUINTET」を開催。2日目(秋田県スポーツ科学センター)は、子供や中高生向けの柔術教室や強化セミナーを行うイベントとなる。50歳にして精力的な活躍を続けるが、今から12年前の07年9月17日には格闘技イベント「HERO’S」の横浜大会で、柴田勝頼(現新日本プロレス)を腕十字固めで撃破した。本紙は1面で詳細を報じている。

「強いIQ戦士が帰ってきた。おなじみのテーマ曲、金色に輝くのは伝説のルチャ戦士エル・カネックのマスクだ。闘志むき出しの柴田とは目も合わせず、時折笑みを浮かべるほど、この日の桜庭は余裕があった。試合も圧巻だった。先に柴田がパンチで仕掛ける。桜庭はその瞬間を見逃さずに得意の片足タックルでテークダウン。あっさりとサイドポジションを確保した。だが柴田も下からパンチを繰り出す。明らかに桜庭の顔色が変わっていく。キレた瞬間だった。あとは見るまでもなかった。ひと呼吸置くと鉄槌を振り落とす。容赦はない。すでに勝利を確信した桜庭は柴田の戦意を喪失させると、最後は渾身の力で右腕を伸ばしきった」(抜粋)


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年9月29日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュース

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「空手」のニュース

次に読みたい関連記事「空手」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら