貴ノ富士に自主引退勧告 部屋の内部抗争か“自分は陥れられた”の思い?

 角界を揺るがす暴力問題はいったいどこに向かうのか――。日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、付け人の力士に暴力を振るった十両貴ノ富士(22=千賀ノ浦)に自主引退を促すことを決議。これに対して、貴ノ富士の代理人弁護士は協会に対して法的手段に出ることを示唆した。そんな中、今回の騒動は暴力問題に端を発した千賀ノ浦部屋内の“内部抗争”との見方が浮上。部屋は崩壊の危機に直面している。

 貴ノ富士は「貴公俊」のしこ名だった昨年3月場所中に付け人に暴力を振るい「出場停止1場所」の懲戒処分を受けた。今年8月には別の付け人の力士を殴打。今回が2度目であることから、この日の理事会では「引退やむなし」の意見で一致した。ただ、22歳と若く今後の人生が長いことを考慮。懲戒処分となる「引退勧告」ではなく、あくまでも自主的な引退を促すことを決議した。

 芝田山広報部長(56=元横綱大乃国)は「自主引退は理事会の温情」と説明。理事会に呼び出された貴ノ富士は処分内容を伝えられると「考えます」と答え、進退を保留した。その後、代理人弁護士は「今後については法的視点から本件処分の不当性を訴えてまいります」との見解を発表。法的手段に出ることを示唆した。貴ノ富士が自主引退を拒否した場合、相撲協会は最も重い「懲戒解雇」の処分を下す可能性が高い。

 貴ノ富士の経歴に傷がつく上に、退職金も支払われない。これまでに不祥事を起こした力士の多くが処分を受ける前に自ら引退を選択したのも、このためだ。なぜ、貴ノ富士は現役続行に固執するのか。もちろん、力士が相撲を取り続けたいと考えるのは不自然なことではない。その一方で、角界内では別の理由もささやかれている。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。