貴ノ富士 会見で謝罪するも暴力は否定「土俵に戻って精進したい」

記事まとめ

  • 日本相撲協会から自主引退を決議された十両貴ノ富士が記者会見を行った。
  • 暴力事件への謝罪を述べたあと、「処分が重い。土俵に戻って精進したい」と訴えた。
  • 「強く叩いたつもりない。タンコブもできてない」と、あくまで教育だったことも強調。

貴ノ富士 会見で暴力を否定「処分が重い、土俵に戻って精進したい」

貴ノ富士 会見で暴力を否定「処分が重い、土俵に戻って精進したい」
拡大する(全1枚)
会見を行った貴ノ富士

 2度目の暴力事件を起こし、日本相撲協会の理事会から自主引退を決議された十両貴ノ富士(22=千賀ノ浦)が27日、都内の文部科学省で記者会見を行った。

 貴ノ富士は8月に付け人の序二段力士に暴力を振るい、相撲協会のコンプライアンス委員会から調査を受けた。昨年3月に続く2度目の暴力行為のため重い処分が予想されたが、答申書を受け取った相撲協会は26日の理事会で引退勧告ではなく、自主的に引退を促すことを決議した。

 代理人弁護士が同席のもと午後1時に始まった会見では、冒頭で「暴行は深く反省している。今後、付け人の実家にうかがい、謝罪したい。差別的な発言も申し訳なく思っている。千賀ノ浦親方にも深く感謝し、申し訳なく思っている。しかし、あまりに処分が重く、受れ入れられない。私には相撲しかない。土俵に戻って精進したい」と訴えた。

 2回目の暴力行為に及んだことについては「自覚が足りなかったから。ゲンコツならという甘い考えでいた」としながら、「強く叩いたつもりはない」「親方とおかみさんが(被害を受けた力士の)実家に行って確かめたところ、タンコブもできていないと聞いている」「自分の付け人に良くなっていってもらえばいい(と叩いた)。やってしまったことは同じだけど」などと話し、あくまで付け人への“教育”だったと強調。若い衆を「障がい者」などと呼んだ差別的発言は事実と認め「言い過ぎた」としながら「もともと千賀ノ浦部屋にいた兄弟子たちが(差別的発言を)言っていた」と主張した。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「貴ノ富士 会見で暴力を否定「処分が重い、土俵に戻って精進したい」」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    考えが甘いダメ人間。パワハラって言葉を知ってるのかね?コブが出来てなくても殴ったことには変わりがな。初犯ではないからまだ自主引退で済んだけマシ。本来なら懲戒引退だろう。しばらく休めばいいと思ってるの?

    8
  • 匿名さん 通報

    しょうが無い奴ばかり。貴乃花親方は どんな教育してたのだろう。女将さんは居ないの同然だったけどね。

    8
  • 匿名さん 通報

    彼を罵倒するのは簡単だが、まあしょうがないでしょう。協会が組織のために身を引いてくれと言ってるんだから。国技としてのイメージも大切。でも暴力は日常にある世界でしょう。

    6
この記事にコメントする

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。