【凱旋門賞】フィエールマン&ブラストワンピース なぜ異例の英国で調整

【凱旋門賞】フィエールマン&ブラストワンピース なぜ異例の英国で調整
ブラストワンピースとフィエールマンが調整場所に選んだニューマーケット

 世界最高峰の仏GI第98回凱旋門賞(10月6日=パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)がいよいよ6日後に迫った。今年は日本からキセキフィエールマンブラストワンピースの3頭が参戦予定だが、注目は決戦の地・フランスではなく、海を隔てた英国のニューマーケットを最終調整の地に選んだ2頭の関東馬だろう。史上初の凱旋門賞3連覇を狙う女帝エネイブル打倒の可能性の前に、現在までの〝常識〟と今回の戦略の本質に迫ってみたい。

 日本のホースマンにとって凱旋門賞は“悲願”と言えるほどのビッグターゲットだが、海外遠征自体は珍しいものでなくなり、勝利という結果を得て凱旋してきた馬も相当数いる。しかし、それでも「正しい遠征スタイル」は確立しておらず、最も正解に近かったとされている1999年エルコンドルパサー(フランスで2→1→1着後の凱旋門賞で2着)のような長期滞在を選択する馬はほとんどない。現地で1戦もしくは前哨戦を使わない“ぶっつけ”の挑戦が現在のスタンダードだ。

 今年の6月から英国のニューマーケットで調整を開始。英国遠征では2戦目、ドバイ遠征から数えて4戦目の挑戦で初の海外GI(ナッソーS)を手にしたディアドラ(牝5・橋田)は、近年は見かけなかった長期滞在組。この結果を受けて「現地での長期滞在こそが正解」のような論調が湧き起こったが、当の橋田調教師はこう話す。

「英国の競馬場は日本のそれとは全く違うものであり、その場所に対応するために長期滞在が必要と考えた。実際、英国の調教場で時間をかけ、調教メニューに変化を加えながら調整したことで馬体も変化していったからね。短期間の参戦では今回の結果は得られなかったと思います」


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年10月1日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日本ダービー」のニュース

次に読みたい関連記事「日本ダービー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュース

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「桜花賞」のニュース

次に読みたい関連記事「桜花賞」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。