【凱旋門賞】急きょ参戦の武豊が独占激白「ソフトライトは良さそうな雰囲気」

【凱旋門賞】急きょ参戦の武豊が独占激白「ソフトライトは良さそうな雰囲気」
2006年にはディープインパクトで挑戦した武豊(右=3位入線後、失格)

凱旋門賞(6日=パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)】競馬界のレジェンド武豊(50=栗東)が地元フランスの3歳馬ソフトライト(牡・ロジェ厩舎)で、仏GI凱旋門賞に騎乗することが1日に急きょ決定した。当初はA・オブライエン厩舎のブルーム(牡3)で参戦予定だったが、体調が整わずに回避し騎乗馬がなくなっていた。これにより凱旋門賞当日は4つのGIに騎乗。10・6は“世界のユタカ”を改めて痛感する1日になるのか? すべてのレースに対する手応えを武豊騎手に聞いた。

 ――凱旋門賞を含む4つのGIに騎乗することになりました

 武豊:それもすべて海外の馬(笑い)。依頼を頂いたことに対し、本当に感謝してます。

 ――ブルームの回避で騎乗予定がなくなったはずが、突然のオファーで参戦することになった凱旋門賞について

 武豊:凱旋門賞当日にロジェ厩舎の馬に乗るので、その流れではあるんだろうけど、これまで乗ったことのないオーナーの馬。率直にうれしい。

 ――騎乗するソフトライトの印象は

 武豊:火曜のドーヴィルの調教でヘルタースケルター(同日のGIジャンリュックラガルデール賞に出走)に乗ったんだけど、併せた相手がソフトライトだった。ヘルタースケルターが少し難しいタイプなのに対し、ソフトライトは乗りにくい馬ではないということで、自分はヘルタースケルターに乗ったんだけどね。確かに横で見ていても良さそうな雰囲気だったよ。前走も悪くない競馬をしているみたいだね。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年10月2日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュース

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「桜花賞」のニュース

次に読みたい関連記事「桜花賞」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日本ダービー」のニュース

次に読みたい関連記事「日本ダービー」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら