巨人5年ぶりのVに貢献 男・村田の打撃改革

【核心直撃】5年ぶりのリーグ優勝を果たした原巨人。栄冠をつかめた要因の一つは、戦力供給源となるファームから次々と選手を送り込めたことも大きい。公式戦全日程を終了したイースタン・リーグではチーム打率2割6分3厘でトップ。その中心にいたのは、今季から育成を託された村田修一ファーム打撃兼内野守備コーチ(38)だった。元スラッガーはどんな思いで打撃改革に取り組んだのか。その胸中に迫った。

 ――公式戦は終了。コーチ1年目を振り返って

 村田修コーチ 面白かったですね。若い選手たちなので成長するのも目に見えて分かるし、今年に限って言えば高田監督に打撃を任せてもらいました。バントはあまりせず(リーグ最少の44犠打)、どうやって打てばいいか選手に考えさせながらできたと思います。価値観を一致させるように、みんなに毎日言い聞かせてきました。

 ――価値観の一致とは

 村田修コーチ 片手を離さず、両手でバットを振るように常に言いました。彼らは打撃を覚えないといけない選手たち。三軍ではスイング軌道、二軍は打撃のスタイル、一軍に行ったら野球を覚えないといけない。段階を踏まないと野球はできない。頭でっかちに野球ばかり覚えようとしても、実際にできないならプロ野球選手として意味がないですから。まずは両手で振ることを徹底しました。

 ――両手で振る大切さとは

 村田修コーチ 変な打ち方をしていれば勝手に手が離れるので、自分にウソをつけないんです。バランスも取れる。試合で打つための練習だから、試合と同じように両手で振れよということですね。今まで通り、気持ちよく打撃練習をしても試合では使えない。もちろん、離れることはあるけど、自分から離すことは二軍としてはやっていないということです。


当時の記事を読む

村田修一のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「村田修一」に関する記事

「村田修一」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「村田修一」の記事

次に読みたい「村田修一」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月5日の野球記事

キーワード一覧

  1. 村田修一 コーチ
  2. 村田修一 巨人
  3. 村田修一 年俸

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。