ベテラン俳優をうならせた子役・新津ちせ“1年の成長”

ベテラン俳優をうならせた子役・新津ちせ“1年の成長”
新津ちせ(左)と滝藤賢一

 旬な子役、新津ちせ(9)が主演する映画「駅までの道をおしえて」が18日から全国公開される。原作は作家・伊集院静氏の名作短編。主人公サヤカを演じる新津は「君の名は。」「天気の子」で知られる新海誠監督(46)の愛娘だ。そんな新津と、さらに劇中でサヤカの父親役を務める滝藤賢一(42)に裏話を聞いた。

 有名監督の娘である新津だが、役を手にできたのは親の七光りがあったからではない。サヤカと柴犬ルーの関係性が映画の成否を分けるため、サヤカ役は200人を超えるオーディションから選ばれた。3か月、4次審査に及ぶ長丁場の中で、誰よりも“サヤカらしかった”のが新津だった。

 新津「犬が大好きで元気いっぱいというところが、自分とサヤカの似ているところ。ルーと一緒に原っぱを走るというオーディションがあって、そこでも元気に走っていました」

 テーマは出会いと別れ。身体的、精神的な成長をルーを通して描いているだけに、サヤカとルーの強い絆が絶対に必要だった。それを培うため新津はルーと1年以上一緒に暮らし、サヤカと同じように散歩やしつけを行った。

 新津「ルーの前に犬を飼ったことはなかったので、だからすごくルーがくるのが楽しみでした。初めて見たときはすごく真っ白でかわいい子だなと思ったら、結構いろんなところを走り回るやんちゃな子。いつも小さな事件を起こしてました(笑い)。1年以上ずっと一緒にいたので、兄弟みたいな、親子みたいな関係です」


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年10月13日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら