「のぞきアメフット慶大」7年前・早大との差 部ぐるみで隠蔽の不穏情報も

 慶応大学のアメリカンフットボール部は15日、無期限で活動を自粛すると発表した。慶大は関東大学リーグの1部上位8校による「TOP8」でプレーしている。リーグを統括する関東学生連盟は、今季ここまで2勝1敗の慶大が第4戦以降を棄権し、不戦敗扱いになるとした。名門が無期限自粛とは、いったいどれほどの“悪事”を働いたのだろうか。

 同部と大学の体育会と連名で、ホームページ上に掲載したリリースでは「このたび、部内において複数の部員による著しく不適切な行為があったことが認められたため、無期限で活動を自粛いたします。関係する方々に多大なご迷惑をおかけすることを心からお詫び申し上げます」としている。だが、肝心の不適切な行為については「教育的観点およびプライバシー保護の観点から詳細は公表いたしかねます」と説明するのみだった。

 本紙の取材によれば、部員2人が主導した「女子風呂盗撮」であることが明らかになった。慶大OBが匿名を条件にこう明かした。

「“事件”が起きたのは今年の夏合宿。部員XとYが、アメフット部の女性マネジャーに対するノゾキを計画したことに端を発する」

 同部のSNSによると、夏合宿は5泊6日。

「『自信と信頼』『応援されるチームを作る』をテーマ」としたもので、保護者やOBも応援に駆け付けていた。しかし、信頼も応援も裏切る合宿となったようだ。

 Xは宿泊先の風呂場にカメラを仕掛け、女性マネジャーの裸体を盗撮。それをほかの部員に拡散したという。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アメリカンフットボール」に関する記事

「アメリカンフットボール」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アメリカンフットボール」の記事

次に読みたい「アメリカンフットボール」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月16日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。