【得津高宏氏のドラフト診断】S評価ヤクルトに投手王国の可能性あり!巨人、楽天、オリックスは失敗

【得津高宏氏のドラフト診断】S評価ヤクルトに投手王国の可能性あり!巨人、楽天、オリックスは失敗
奥川の交渉権を引き当てたヤクルト・高津監督

 今年度のドラフト会議が17日、都内のホテルで行われた。ドラフトで指名に成功した球団はどこか。そして失敗した球団は…。元ロッテのスカウトで本紙評論家の得津高宏氏が、本紙恒例「ドラフト診断」でズバリ採点した。

 得津氏がまず真っ先に名前を挙げた今年の「S評価」はヤクルトだ。

「球団の現状やこれまでの反省を踏まえた、素晴らしい指名だったと思います。奥川(恭伸=星稜)の1位指名を事前に公表したことで、結果的に競合を避ける意味で降りた球団もあったと思う。それでも3球団が競合しましたが、見事に引き当てました。それだけでも合格点なのですが、気を緩めることなくウエーバーで真っ先に指名できる2位で、1位級の即戦力投手の吉田(大喜=日体大)を指名。3、4位も即戦力投手で、奥川も1年目から一軍で通用する選手。ひょっとすると来季のヤクルトは、投手王国かもしれませんね」

 続いて「A評価」としたのは西武だ。

「1位で佐々木(朗希=大船渡)は外しましたが、すぐさま即効性のある現実的なドラフトにシフトチェンジ。外れ1位で社会人屈指の右腕・宮川(哲=東芝)の競合で巨人に勝ちました。ここもチーム事情で投手中心の指名になりましたが、2位の左腕・浜屋(将太=三菱日立パワーシステムズ)もすぐ一軍で使えると思います。来季の成績に直結するドラフトになったのでは。独立リーグから3人も獲得するなど、独自の情報網があることも感じさせます」


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年10月17日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら