【昭和ロックを語る時が来た】鮎川誠が明かす博多に現れた内田裕也さんとの秘話

【昭和ロックを語る時が来た】鮎川誠が明かす博多に現れた内田裕也さんとの秘話
内田裕也さんと初めて会ったときの話などを笑顔で振り返る鮎川(左)。ユカイとしても興味深い内容ばかりだ

【ダイアモンド☆ユカイ 昭和ロックを語る時が来た】「レッド・ウォーリアーズ」のボーカル、ダイアモンド☆ユカイ(57)が、ゲストを招いて昭和時代に巻き起こった日本のロックムーブメントをひもとく。「シーナ&ロケッツ」のギタリスト、鮎川誠(71)が語る、沢田研二、そして博多に現れた内田裕也との秘話とは?(隔週連載)

 ――前回は沢田研二さんと同じ番組に出た際、「生演奏は1組」ということで沢田さんは生演奏、シナロケはカラオケになったという話でした

 ユカイ:終わった後、沢田さんに何か言われたんですね?

 鮎川:ジュリーがシーナに「君たち、演奏しないのか。幻滅した」っち言うてね。シーナは「何言ってるのよ! あなたたちが生でやるから私たちがカラオケになったんじゃない!」と。

 ユカイ:言い返したんですか!?

 鮎川:心の中で思ったみたい(笑い)。

 ユカイ:言えなかったんですね。沢田さんにこの話が届いて、40年越しに誤解が解けないかな(笑い)。

 鮎川:これもまた特別な思い出やね。

 ユカイ:実はある時期からテレビの音楽番組は、「ロックバンドは1組」という縛りがありました。

 鮎川:そうやったね~。ロックバンドは文句ばかり言うし、メンバーが1人来ないこともあるし、問題が多いからね(笑い)。

 ユカイ:レッズが「夜のヒットスタジオ」に初めて出た時、俺、骨折してました(笑い)。話を鮎川さんの大学時代に戻します。アタックの知り合いだった柴山俊之さんと1970年にサンハウスを結成した時、プロになろうと考えてたんですか?


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年10月19日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら