【ラグビー】ジョセフHCの去就 一転“白紙”のなぜ

 実際、ジョセフHCは南アフリカ戦後の記者会見(20日)で自身の今後については明言を避けた。ただ、好条件を求めるのは、プロとしては当たり前の姿勢だ。関係者によると、日本の指揮を続けても現在の年俸4000万円から微増程度だというだけに、ジョセフHCが日本協会の評価に疑問を抱いてもおかしくはない。何より前日本代表HCのエディー・ジョーンズ氏(59=現イングランド代表HC)は、日本代表HC時代の年俸4000万円から2倍以上となる9000万円の大幅アップを勝ち取っているのだから、なおさらだ。

 一方で、こういった状況が事前に想定されながら、日本協会サイドの対応はスピード感に欠けていた。続投に前向きだった指揮官の姿勢にあぐらをかいたわけではないだろうが、会長自ら一本化を明言しているにもかかわらず、なぜか16日の理事会で次期日本代表HCを決める選考委員会を設置。岩渕健輔専務理事(43)は「決めるプロセスが大事」と強調したが、すんなりと続投で一致しないのは、かねてささやかれる協会内の派閥争いとも無関係ではないだろう。

 また、争奪戦になった場合の資金も準備していなかった。岩渕専務理事は「日本協会にはそこまで潤沢な資金はない。スポンサーなど皆さんのサポートなどで、できるだけいい話をしていきたい」と語っていた。続投か否かは、どれだけ素早く好条件をジョセフHCに提示できるかになりそうだが、金銭面の問題が今後さらにクローズアップされれば、イメージダウンは必至。このままでは選手の頑張りで築き上げたラグビー熱も一気に冷めてしまいそうだが、果たして…。(金額は推定)

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【ラグビー】ジョセフHCの去就 一転“白紙”のなぜ」の みんなの反応 1
  • 名無し 通報

    日本代表もアイルランド代表もスコットランド代表もロシア代表もサモア代表も南アフリカ代表もウルグアイ代表もフランス代表もウェールズ代表も頑張って下さい

    0
この記事にコメントする

「ラグビー + W杯」のおすすめ記事

「ラグビー + W杯」のおすすめ記事をもっと見る

「ラグビー + 日本代表」のおすすめ記事

「ラグビー + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「卓球」のニュース

次に読みたい関連記事「卓球」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月23日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. ラグビー W杯
  2. ラグビー 日本代表

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。