西武が5年ぶりFA補強参戦へ 渡辺GM「戦力と思えばピンポイントで」

 西武が2014年オフの小谷野栄一内野手(当時日本ハムからFA=現オリックス二軍打撃コーチ)以来、5年ぶりとなるFA補強戦線参戦に乗り出す。

 今季の西武は1998年以来のリーグ連覇を果たしながらCSファイナルステージでは昨年に続き、公式戦2位のソフトバンクに下剋上を許す屈辱的な終戦。同じ相手に短期決戦では2年合計1勝8敗と完膚なきまでに叩きのめされた。辻監督も「非常に残念。選手層の薄さを痛感させられた」と143試合プラス、ポストシーズンを勝ち抜ける戦力の差を認めるしかなかった。

 そのソフトバンクとの差を埋めるため西武は来季から三軍制を採用するが、それは二軍未満の育成強化のためで一軍戦力に影響を与えるような即効性はない。今オフに直面する近々の最重要課題、秋山翔吾外野手(31)流出への備えにはならない。

 そこで球団は先日17日のドラフトでポスト秋山の候補獲得を狙ったが、上位で狙っていた即戦力外野手の指名には至らず。8位でセカンドチョイス、岸潤一郎外野手(22=徳島インディゴソックス)の確保に成功したものの、いきなりは計算に入れられない。

 次なる手段としてFA補強戦線参戦、新外国人外野手獲得の二段構えで外野の備えを確保しようとしている。

 23日には渡辺久信GM(54)が「ウチは今までFAには消極的だったけど今年は戦力と思えばピンポイントで(行く)」と参戦表明。西武の狙う「ポスト秋山補強」の第1候補はソフトバンク・福田秀平外野手(30)だ。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月24日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。