【ZOZOチャンピオンシップ】ウッズ いきなり3連続ボギーもタイガーチャージで6アンダー単独首位でホールアウト

【ZOZOチャンピオンシップ】ウッズ いきなり3連続ボギーもタイガーチャージで6アンダー単独首位でホールアウト
9番でバーディーを奪い、ファンの声援に応えるウッズ

 日本で初めて開催される米男子ツアー「ZOZOチャンピオンシップ」(千葉・アコーディア習志野CC=パー70)が24日、開幕した。

 注目のタイガー・ウッズ(43=米国)は9バーディー、3ボギーの64で回り、6アンダーはホールアウト時点で単独トップだ。

 ウッズはスタートホールの10番パー4で、フェアウェーウッドでのティーショットはいきなり左の池に落とす。

 ドロップしての3打目を2メートルほどに乗せたが、これを決めきれずボギー発進。11番はドライバーを左に曲げ、12番は二段グリーンの下の段から3パットで3連続ボギー。8月の昨シーズン終了後には左ひざの手術をしてからの復帰戦だけに、そうした影響があるのか気になる。

 だが13番パー3をパーとすると“ショータイム”が始まった。

 14番パー5で4メートルを決めて初バーディーを奪うと、15、16番でも同じぐらいの距離を決め、3連続バーディーであっという間にイーブンに戻す。

 18番パー5は2オンさせて楽々バーディー。アウトに折り返すと、3番で8メートルほどを決めてバーディー。続く4、5番でも中距離を決めてここも3連続バーディーで首位に並ぶと、7番パー3で10メートルのフックラインを読み切って8つ目のバーディーを奪い、ついに単独トップに立つと小さくガッツポーズをした。

 8番パー4は、2打目をショートさせたものの、アプローチをきっちり寄せてパー。9番パー4のティーショットは右に押し出し、思わずドライバーで地面を叩くショットとなったが、木に当たってグリーンを狙えるラフに転がる幸運。2打目も打った瞬間には渋い表情を見せてが、ボールが止まったのはピン手前1・5メートルのバーディーチャンス。これぐらいでは満足しない、「強いウッズ」が戻ってきた。

 これを決めて単独首位でホールアウト。出だしの3連続ボギー後は、15ホールで9バーディーの圧巻のゴルフだった。

 今大会で勝てば、故サム・スニードが持つ米ツアー通算最多勝利「82勝」に並ぶ。

 その歴史的瞬間が、日本で見られることになるかもしれない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年10月24日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「イ・ボミ」のニュース

次に読みたい関連記事「イ・ボミ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュース

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュース

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。